すごろくやイベント:
アナログゲーム療育(りょういく)講座

イベント概要

主に発達障害のあるお子さんを対象に、社会的自立のために行なう医療と保育を「療育(りょういく)」と言います。 「アナログゲーム療育」とは、すごろくやで取り扱っているような、知的で協同性に優れた近代のボードゲームやカードゲームを、発達段階に合わせて活用し、コミュニケーション能力を伸ばす療育方法のひとつです。 子どもだけでなく大人の就労訓練にも応用ができ、デイサービスや就労移行支援施設などでも導入されています。

本講座は、この「アナログゲーム療育」の手法を開発された、療育アドバイザーの松本太一(たいち)さんを講師にお迎えし、幼児向けや大人向け、協力型など、さまざまな対象・アングルごとにカリキュラムを設けて内容を変えつつ、どなたにも解りやすくこの「アナログゲーム療育」のノウハウをお伝えする講座です。

日程と内容をご確認の上、ぜひ参加をお申し込みください。

アナログゲーム療育講座イメージ写真

講義内容

どのカリキュラムも3時間の内容で、そのうちの前半が講義、後半がゲーム体験、最後に質疑応答、という構成です。

前半の講義では、心理学者ピアジェの認知発達理論に基いて、子どもと大人の思考の違いについてわかりやすく説明します。

後半は、講義で紹介したボードゲーム群を実際に遊びながら体験します。 カリキュラムごとに2~4種類ほどご用意します。

幼児向けゲーム実践の様子

身を持って体験できるのが重要なポイントで、「これは教室で使えるね」「あの子に良さそう」といった療育実践での意識が高まります。

幼児向けゲーム実践の様子

また、こうしたゲーム体験の中で、判断に迷う部分や、うっかり間違えてしまったりする部分にこそ指導のポイントがあります。 講師が各テーブルを回りながら、試遊を通じて、療育につながる視点や、子どもに対して適切な話し掛け方を促します。

松本太一さんからのメッセージ

こんにちは! アナログゲーム療育アドバイザーの松本 太一(たいち)です。

私は普段、人との関わりや集団の過ごし方に困難を抱える「発達障害」を持つ子どもたちに、アナログゲームを使ってコミュニケーション力を高める治療教育を行なっています。

他者の考えや場の状況に積極的な関心を持ち、自分がどう動けばよいか主体的に判断することを学ぶために、アナログゲームは最適のツールです。

この「アナログゲーム療育講座」では、幼児から青年までの年代ごとに、適切なゲーム選びと、子ども同士でトラブルなく楽しく遊ぶために必要な配慮などを、講義とゲーム体験を交えてお伝えします。 実践的なノウハウの詰まった講座ですから、すぐに現場で役立てられるでしょう。

みなさんのご参加をお待ちしています。

松本太一さん

主なカリキュラムと受講対象者

幼児編
内容:
心理学者ピアジェの認知発達理論に基づき、言葉を獲得するゲームから、数やルールの世界を拡げるゲームまでをご紹介します。 1人遊びから集団参加へとつなげるテクニックも解説。幼児だけでなく、知的障害のあるお子さんと関わる方にも役立ちます。
受講対象:
発達理論のある幼児と関わる保育士や幼稚園教諭、保護者の方。
対象例:
保育士,幼稚園教諭,保護者,児童発達支援事業指導員など
学童編
内容:
前後編の2部制です。
【前編】 コミュニケーションの前提となる「客観的思考」「他者視点」の獲得をテーマに、思考力や社会性を身につけるゲームをご紹介します。 昨今話題となっている「アクティブラーニング」「プログラミング教育」にも繋る内容です。
【後編】 いじめや失敗体験による低い自己評価を持つお子さんの場合、集団参加を拒否したり、暴言・暴力などの問題行動が起きる場合があります。 ゲームを通じて人と関わりあう自信を回復させるためのゲームと指導法をお伝えします。
受講対象:
発達障害のある小学生のお子さんと関わる方。
対象例:
特別支援学校教員,通級指導教室教員,放課後等デイサービス職員,学童職員,児童館職員など
中高生・大人編
内容:
前後編の2部制です。
【前編】 一般企業で働く上で求められる、「相手や場面の状況に応じた臨機応変なコミュニケーション力」を身につけることを目標とした講座です。 面接や仕事で起こりがちな困難の原因と対応を、やや複雑なコミュニケーションが求められるゲームで実践的に学びます。
【後編】 学業や仕事を進めていく上で必要となる「見通しを立てる力」を身につけるゲームと指導法をお伝えします。 事前にきちんと計画を立てることで良い展開になるゲームを繰り返しプレイすることで、計画をたてる際の困難がどこにあるのか見極め、対策を考えていきます。
受講対象:
発達障害のある中高生の支援、成人の支職業訓練に関わる方。 企業研修でのゲームの応用に興味のある人事担当の方。
対象例:
就労移行支援施設職員,生活訓練施設職員,職業カウンセラー,一般企業の人事担当など。
TOP

会場

す箱内観写真

開催場所は、JR高円寺駅から徒歩4分、すごろくやからだと徒歩3分のところにある、すごろくやが運営する「ボードゲームスペース す箱」です。

プロジェクタやWi-Fiを完備。 最大50人が遊べる広いスペースで、正多角形のテーブルや最高級のプレイマットなど、テーブルを囲んで楽しくゲームを遊ぶのに最適な環境をご用意しています。

イベントスペース す箱
住所 〒166-0002
東京都杉並区高円寺北2-18-7千恵ビル402
最寄り駅 高円寺駅 (徒歩から徒歩4分)
JR中央線/総武線・東京メトロ東西線
電話番号 03-5327-4568
ウェブサイト su-bako.jp

最寄り駅からの道順 (徒歩4分)

TOP

日程予定(都度更新します)

年間予定まとめ2017
日付 カリキュラム
1月 1月24日(土曜)学童編②
2月 2月19日(日曜)就労訓練編
3月 3月26日(日曜)幼児編
4月
5月 5月7日(日曜)学童編#前編
5月21日(日曜)中高生・大人編#前編
6月 6月17日(土曜)学童編#後編
7月 7月16日(日曜)中高生・大人編#後編
8月 8月20日(日曜)幼児編
9月 9月17日(日曜)学童編#前編
10月 10月22日(日曜)学童編#後編
11月 11月19日(日曜)中高生大人編#前編
12月
年間予定まとめ2018
日付 カリキュラム
1月 1月21日(日曜)中高生大人編#後編
2月 2月18日(日曜)幼児編
3月 3月18日(日曜)学童編#前編
4月 4月22日(日曜)学童編#後編
5月 5月20日(日曜)中高生大人編#前編
6月 6月17日(日曜)中高生大人編#後編

開催予定の詳細

日程ごとのカリキュラムと詳細です。

8/20(日) 幼児編
開催日時:
2017年8月20日(日曜) 14:00〜17:00(3時間)
内容:
心理学者ピアジェの認知発達理論に基づき、言葉を獲得するゲームから、数やルールの世界を拡げるゲームまでをご紹介します。 1人遊びから集団参加へとつなげるテクニックも解説。幼児だけでなく、知的障害のあるお子さんと関わる方にも役立ちます。
受講対象:
発達理論のある幼児と関わる保育士や幼稚園教諭、保護者の方。
対象例:
保育士,幼稚園教諭,保護者,児童発達支援事業指導員など
実践体験:

スティッキー
スティッキー

虹色のヘビ
虹色のヘビ

レシピ
レシピ

9/17(日) 学童編#前編
開催日時:
2017年9月17日(日曜) 14:00〜17:00(3時間)
内容:
コミュニケーションの前提となる「客観的思考」「他者視点」の獲得をテーマに、思考力や社会性を身につけるゲームをご紹介します。昨今話題となっている「アクティブラーニング」「プログラミング教育」にも繋る内容です。
受講対象:
発達障害のある小学生のお子さんと関わる方。
対象例:
特別支援学校教員,通級指導教室教員,放課後等デイサービス職員,学童職員,児童館職員など
実践体験:
(未定)
10/22(日) 学童編#後編
開催日時:
2017年10月22日(日曜) 14:00〜17:00(3時間)
内容:
いじめや失敗体験による低い自己評価を持つお子さんの場合、集団参加を拒否したり、暴言・暴力などの問題行動が起きる場合があります。ゲームを通じて人と関わりあう自信を回復させるためのゲームと指導法をお伝えします。
受講対象:
発達障害のある小学生のお子さんと関わる方。
対象例:
特別支援学校教員,通級指導教室教員,放課後等デイサービス職員,学童職員,児童館職員など
実践体験:
(未定)
11/19(日) 中高生・大人編#前編
開催日時:
2017年11月19日(日曜) 14:00〜17:00(3時間)
内容:
一般企業で働く上で求められる、「相手や場面の状況に応じた臨機応変なコミュニケーション力」を身につけることを目標とした講座です。 面接や仕事で起こりがちな困難の原因と対応を、やや複雑なコミュニケーションが求められるゲームで実践的に学びます。
受講対象:
発達障害のある中高生の支援、成人の支職業訓練に関わる方。 企業研修でのゲームの応用に興味のある人事担当の方。
対象例:
就労移行支援施設職員,生活訓練施設職員,職業カウンセラー,一般企業の人事担当など。
実践体験:
(未定)

参加予約のお申し込みは、枠内の青いボタンを押して「取り扱いリスト」に移動し、参加される回の「かごへ」のボタンを押してから、ページ右上の「ご注文」を押してお進みください。

TOP

ゲーム購入

ゲーム内容物大集合

これまでの本講座内で紹介したボードゲームを、すごろくやの店頭・通信販売にてお買い求めいただけます。

療育用ボードゲーム一覧

通信販売でのご購入は、上の青いボタンを押してゲームリストのページに移動し、購入されるゲームごとに「かごへ」のボタンを押してから、ページ右上の「ご注文」を押してお進みください。

TOP

諸注意

場内撮影あり

開催中、カメラマンが撮影を行ない、今後の講義告知に有用な映像を開催後のリポートなどで一部公開します。もし不都合がある方は事前にお申し出ください。

場内の飲料制限

飲み物の自動販売機(100円〜)があります。 会場内の飲用はペットボトルなどフタ付きのものに限ります。

払い戻し

払い戻しは開催3日前まで受け付けます。

迷惑行為への対応

イベント運営の阻害、また公序良俗に反すると判断された場合は、強制退場や通報などの措置を行なうことがあります。

問い合わせ先:すごろくや

メール:contact@sugorokuya.jp

電話:03-5327-4568

TOP

【 アナログゲーム療育講座 】
企画:すごろくや・松本太一
主催:すごろくや