情景カードのリンクを辿るゲーム
バブルストーリー

バブルストーリー:サムネイル
目次
バブルストーリー:箱
対象:4歳〜大人
人数:1人用
所要:10分
ルール難度:★(1.0)
作者:
Matthew(マシュー) Dunstan(ダンスタン)
イラスト:
Simon(シモン) Douchy(ドウシ)

『バブルストーリー』は、カードに描かれた景色の中に浮かぶシャボン玉に対応するカードをめくることで、そこから見える戸棚の中を覗いたり、建物の中に入ったりして、かくれんぼ中のお友達や海賊の島に隠されたお宝を探すゲームです。

展示用写真
お店の在庫を確認/購入

遊び方

シャボン玉からシャボン玉へ飛び回って、目的のものを見つけましょう!

シャボン玉からシャボン玉へ

上の写真であればクマのぬいぐるみとカバンのように、星で示されたものが今回見つけたい目的のものです。カードに描かれたお部屋をよ〜く見て、シャボン玉が描かれた場所のうちどこを探せば見つかりそうか考えてみましょう。

ドアの向こう? それともベッドの上でしょうか?

探す場所を決めたら、それと同じシャボン玉が描かれたカードをめくります。

ぬいぐるみを発見

ぬいぐるみがありました!これで目的を1つ達成です。

カバンはどこにありそうでしょうか?

今度はドアから部屋を一度出てみると…

ドアの外へ

ドアの外にはお母さんとお父さんがお出かけの支度をして待っているようです。

このようにシャボン玉の場所候補から探したい場所のカードをめくっては、またシャボン玉がでてきたらそこを探す、を繰り返して、目的のものを全て見つけられたらゲームクリアです。

どのカードを選ぶかによっては、ふちが赤い色の行き止まりに出会すかもしれません。

行き止まり

この行き止まりカードをたくさんめくってしまうと、冒険者としての評価が下がってしまいます。

なるべく行き止まりをめくらないように気をつけながら、冒険を進めましょう。

3つの冒険

1つのゲームで、練習用の冒険と3つの色々なテーマの冒険が楽しめます。

3つの冒険

★ここがおすすめ

自分自身が冒険者として景色の中をあちこち移動しながら、新しい発見をしていくのが楽しいゲームです。小さな子供でも遊べるかんたんなルールで、お目当てのものが見つかるかどうかちょっとドキドキするような演出が随所に施されていて、「こんなところにあった!」と発見の喜びを感じられる構成になっています。

1人用のゲームですが、兄弟や親子、お友達同士であれこれ相談しながら遊ぶのも良いでしょう。

この『バブルストーリー』は、1988年から続くフランス・カンヌ国際ゲーム祭の権威ある賞「アサドール(AS D'OR)ボードゲーム賞2022」のキッズ部門の大賞を受賞しています。

AS D'OR

子供が気軽に楽しめるゲームとして、とてもおすすめのゲームです。

お店の在庫を確認/購入

製品情報

メーカー :
Blue Orange(ブルーオレンジ, フランス)
初版発行年 :
2021年
国内版制作 :
すごろくや(日本)
販売元 :
すごろくや(日本)
国内版発行年 :
2022年7月
箱サイズ :
80 × 120 × 40mm
内容物 :
カード 72枚, まとめのシート 1枚, 説明書 2部(日/英)
説明書言語 :
日本語, 英語
製造国 :
中国
JANコード :
4571345800977
定価 :
1430円(税込)
全国の取り扱い店舗一覧

このページを伝える