記憶像の配置問答で主人格を特定するカードゲーム
ダニー

ダニー:サムネイル
ダニー:箱
対象:16才〜大人
人数:3〜8人用
所要:30分
ルール難度: ★☆(1.5)
作者:
Phil( フィル )  Vizcarro( ヴィズカーロ )
イラスト:
Antoine( アントワンヌ )  Baillargeau( バイヤルジョー )

『ダニー』は、各自、多重人格に苦しむダニーの頭の中に住むそれぞれの副人格となり、交代で抽象記憶像カードを何枚か自由に組み合わせてお題を当ててもらう「明確には分からない問答」を繰り返しながら、1人だけ不正解への誘導を目論む主人格ダニーが誰なのかを特定する、狂気と正気がせめぎ合うカードゲームです。

単体で遊ぶことはもちろん、映画をテーマにした『ダニー:映画を想う』と合わせて遊ぶこともできます。

『ダニー:映画を想う』のページ
展示用写真
お店の在庫を確認/購入

ゲームの流れ

全員に役割を決める人格カードを1枚ずつ裏向きで配り、自分だけこっそり確認することで〈ダニー〉1人とそれ以外の〈副人格〉の役割に分かれます。

自分以外の誰がどの役割なのかわからない中で、1人が出題者、その他が回答者として、言葉当てを繰り返していきます。この言葉当てで、〈ダニー〉は不正解を目指し、他の〈副人格〉たちは〈ダニー〉が誰なのかを探りながら、正解を目指します。先に言葉当てを6回成功させるか、3回失敗してしまった後、〈ダニー〉が誰なのか多数決で当てることができれ〈副人格〉たちの勝ち、3回失敗させつつ自分が〈ダニー〉であることを隠し通せれば、〈ダニー〉の一人勝ちです。

疑心暗鬼な言葉当て

1人の出題者がみんなに公開された5つの言葉のうち、正解の1つを確認し、その言葉を不思議なイラストが描かれた記憶カードの組み合わせや配置で机の上に表現します。

言葉を表現

それを見て、出題者以外のみんなで相談をしながら正解の言葉を予想しようとしますが、みんなの意見の中には不正解へ誘導したい〈ダニー〉の意見が潜んでいるかもしれません。出題者が〈ダニー〉だったなら、あえて勘違いしてしまいそうな配置にしているのかもしれません。

自分以外の言動に注意して、疑心暗鬼になりながらも、正解の言葉を導くことができるでしょうか?

記憶カード

記憶カード

言葉を表現するためにつかう記憶カードは、主人格であるダニーの記憶が一言では説明できない取り留めのない夢のようなイラストで表現されています。

出題者は、この記憶カードを表向きに使っても、裏向きに使っても構いません。〈副人格〉ならば、仲間に分かってもらえるように、〈ダニー〉ならば、疑われない程度にわかりにくく、お題を表現していきましょう。

ここがおすすめ

副人格たちが結束して正解を導き出したいものの、曖昧にしか組み合わせられない抽象記憶像の解釈が悩ましいため、誰もが主人格ダニーに思えてしまい、「なにその解釈? 君がダニーでしょ!」「いーや、君のほうが頭がおかしい。ダニーだ!」といった軽妙なやり取りが楽しくて盛り上がる独特のゲームです。 病んだ精神世界を表すような白と黒を基調としたコンポーネントと、夢に出てきそうな大人な記憶像のイラストもポイントです。

手軽に楽しめる大人向けとして超おすすめです。

店内でサンプルをご覧いただけます。

お店の在庫を確認/購入
全国の取り扱い店舗一覧

製品情報

メーカー :
GRRRE Games(グーアゲームズ, フランス)
初版発行年 :
2019年
国内版制作 :
すごろくや(日本)
販売元 :
すごろくや(日本)
国内版発行年 :
2019年9月
箱サイズ :
144 × 144 × 53mm
内容物 :
大型カード(80×120mm) 110枚
説明書言語 :
日本語
製造国 :
ポーランド
JANコード :
4571345800540
定価 :
2640円(税込)

Twitterの声

お店の在庫を確認/購入

このページを伝える